24時間キャスト募集中( ∩'-'⊂ )

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた①(立ち上げ・風営法届出)

2019/7/1

今日からリフレ運営の日記を書いていく。

「一緒にリフレ店を運営しないか?」と池袋の有名リフレ店「JKMAX」店長(桑田さん)から誘われたのが6月上旬。

予想だにしない突然の誘いだったが、話を聞いた瞬間心がワクワクするものがあった。この感覚は会社を辞めて独立したとき以来、数年ぶり。聞いた瞬間「やろう」と思えた。新たな挑戦にワクワクしている。週末は同じく店舗経営を誘われている■■さんと飲みの予定。既にプレオープン済みらしいので話を聞けるのが楽しみ。今日から広告代理店とリフレ経営どちらも全力で頑張っていく。

2019/7/3

「JKMAXの歴史」を読む。桑田さんが2017年1月からJKMAXをいかに作っていったかがよく分かる。当初はひどい女の子ばかり集まったり出勤嬢が0で店休になったりと苦労したらしい。しかし2月から既に軌道に乗り始めていたのはさすが。自分がその女の子とお金を払って遊びたいかが採用する基準になりそう。桑田さんのように開業1年後に振り返り記事をかけるよう結果を出す!!

2019/7/21

ここ1週間ほどリフレ経営の準備が全くできず。本業の広告代理店の仕事が捗らず手間取っている。仕事量をキープしてリフレ経営に早く本腰を入れたい。

2019/8/4

広告の仕事が落ち着いたため今日から本格的に再始動。8月中にやるべきことを全て終えて9月の頭にオープンを目指す。まずは弁護士について調べてみる

2019/8/11

店名を占ってもらってきた。

候補は「JKカラー」「JKメール」「JKマート」。合計7個考えて持って行った結果、「JKJKJK」「JK興業」「JKクリエイティブエージェンシー」の3つが良いと言われた(2人に占ってもらい占い方が同じなのか結果は同じだった)

その中でも「JKJKJK」が15画で最も良く「福寿円満上位の引立あり 繁栄有徳の象」と書かれていた。「JK興業」も悪くはないが33画は一時的な流行に収まってしまう可能性が高いそう。画数は偶数はあまり良くなく奇数が良いとのこと。

オープン日は9/8(天赦日)が最も良く、9/14(大安)、9/23(新規開店に良い)、9/15(一粒万倍日)あたりが良いらしい。

その他、四柱推命で見た結果、私の運気は非常に強く内面はナイーブだが外面がとても強いと言われた。

2019/8/17

wordpressの風俗店専用のテンプレートが売っているのを発見。■■のサイトを調べてみると15万円のテンプレートを使っていた。ただアメブロやTwitter運用の店舗が多いことを考えると、あまり綺麗すぎるサイトだと素人感が薄れて風俗っぽさが出てしまうのかもしれない。ブロガーの友人に依頼してできる限りシンプルなサイトを作ってもらうことにした。

2019/8/22

友人から公式サイトの大枠が完成したと連絡を受ける。素人感のあるきれいめなサイトでありがたい。

2019/8/23

桑田さんに公式サイトを連携。打ち合わせが29日に決定。

2019/8/24

警察署に自分で風営法(無店舗型性風俗特殊営業)を出すことが決まった。桑田さんについでに出してもらい、自分はサイトやTwitterをいじる程度で軽く店舗経営に携わるつもりでいたが、風営法を出すってもうオーナーと変わらない…。最初に返事をしたときここまでやるつもりでいたわけではなかったので少し躊躇する。しかしもう乗りかけた舟、そして最初に感じたワクワク感は本物だったという点から決意を決める。直観もこっちで間違いないと言っている。リフレ経営を始めたことでどんどん生活が変わっていくように感じる。不安や心配もありリアリティをいまいち感じきれない部分もあるがやるしかない。思い切って新しい世界に飛び込む覚悟を持つ。

2019/8/25

仕事で使う予約受付用のスマホをDoCoMoショップで購入。

端末代4.3万円に月額3,500円。韓国のギャラクシーA30。最初LINEモバイルなどの格安スマホを使おうと思ったが桑田さんが以前格安スマホを使ったところ電波が切れたり不具合が多かったと聞いてキャリアで契約。スマホはリフレ経営の生命線ともいえるアイテムなのでケチらないほうがいいだろう。2年契約なので2年後同じスマホで軌道に乗ったリフレ経営をしている予定。⇒数か月後に気付くが仕事用のスマホは絶対に使い慣れたOSを選んだ方がいい。プライベートでiPhoneを使い続けてきたのにここでAndroidを選んだことは失敗だった。

2019/8/26

桑田さんの事務所で打ち合わせ。

電話対応しながらの打ち合わせで、電話&LINE予約受付・公式サイト更新・Twitter更新・女の子への指示などを同時並行でこなしていた。これは片手間でこなすのは無理だと実感。 名古屋のJKJUMPや風営法の話などが出来た。

いろいろサポートしてくれるらしくあとはいつやるかだけ。スピード勝負。全力でいく。とりあえずはいち早く風営法を提出する。

2019/8/27

風営法について調べていると「デリヘルの9割は失敗する」という記事を読んでやる気が出てきた。上位1割に入る自信はこれまでの人生経験の中でもそれなりにある。

2019/8/28

店舗経営には風営法に記載する事務所が必須。その建物オーナーからの使用承諾書が必要らしい。独立当初に開業届を書いたり確定申告をしたりしていた時期を思い出す。目の前に現れるハードルがちょうどなんとか飛べる高さのものばかり。桑田さんからの手引きも含めて運命に導かれている感じを受ける。

2019/8/29

風営法の書類が徐々に揃う。行政書士のサイトに書き方例が多く紹介されていてなんとか。

2019/8/30

秋葉原最寄りの万世橋警察署へTEL。警察署にTELするのは初めてなので緊張。「風営法についてお聞きしたいことがあって…」と言うと4人くらいたらいまわしにされてようやく担当者に。しかし秋葉原リフレで対応に慣れているかと思いきや「リフレというのはどういったサービスですか?」「それだと風営法の提出が必要ですね」など、こっちは風営法を提出する前提でさらにその先の質問があるのになかなか話が進まず…。3人目の担当者に戻って事務所のある地域の警察署に出すよう言われる。営業する場所(秋葉原)は関係ないらしい。

2019/9/9

ついに風営法の資料が全部整う。■■県警に予約の電話を入れると■■警察署にかけるよう言われる。「事務所の見取図」が手書きのかなり適当なものになっているためやや心配。一発で無事通ることを祈る。

2019/9/10

■■警察署に風営法を提出。署内に人があまりおらずかなり目立った。昨日電話した者で風営法を持ってきた旨を伝えると「あぁ、デリヘルのね」と言われる。最初出てきたのはおじいちゃんだったが、書類などの確認をしてくれたのは20代後半ほどの真面目そうな署員。厳しく質問されたり書類の書き直しを指示されるものと思っていたがすんなりOKの返事で拍子抜け。

しかし「事務所の立ち入り検査が必須です」と言われ、後日事務所に来るという話に。桑田さんに話を聞くと立ち入り検査はなかった様子。これさえクリアすればいよいよ営業へ一歩近づく。

2019/9/18

事務所の立ち合い検査が完了。2人の署員が来て「すぐに終わりますので」が第一声で20分で終わった。

事務所として記載した部屋を見て机の位置が微妙に違ったのでその場で簡単に書き直し。店名のJKという文字を変えられないかと言われるも、18歳未満は絶対に雇わない旨を訴えてOKをもらえた。ただ「今後年に1回立ち入り検査が必須であること」を言われた。桑田さんから「絶対に良い店になる」 「今は参入チャンス」と言われたので全力でリフレ経営に力を入れていく。懸念事項はすべて消えた。これでやらなかったら単なるサボり。

2019/9/25

ランサーズでバナー発注や萌えナビに登録など徐々に進めている。リフレ経営に関してやったことを全てサイト内の新規記事で公開していく予定。リアルタイム性があってきっと需要があるはず 。また萌えナビは■■な運営をしていることが分かった。

2019/9/26

桑田さん事務所で2回目の打ち合わせ。

相変わらず電話対応の合間だったので深い話はできなかったが、学びが多い時間になった。 JKJKJKとしてやるべきことがまた見えてきたので言われたことは全部実践していく。

2019/9/27

リフレ経営を決めてから初めての秋葉原訪問。駅からホテルクエストまでの写真を撮ったりホテルスタッフに休日の混み具合を確認したり。

2019/10/1

深夜の0時過ぎに桑田さん事務所を訪問。お店の営業も終わり落ち着いて話すことが出来た。

JKMAXサイトの管理画面を触らせてもらったが思った以上にSEOを意識していないことが分かった。それでもここまで営業できているということは売り上げを立てるのにそういった知識はあまり必要ないということになる。話す中でこれまでいかに公式サイトを見やすく綺麗にするかばかりを意識していたが一番の目的はリフレ店として売り上げを上げることで公式サイトはその目的を達成するためのツールに過ぎないということにハッと気づかされた。そこまでの完成度は必要ないということ。2時間ほど打ち合わせしてタクシーで帰宅。

2019/10/5

依頼していたお店のバナー画像が完成。迷った末に+1万円支払って2枚選択。どちらも最高に可愛らしい。

2019/10/6

考えが煮詰まり気分が乗らないので一人で代々木公園を散歩。するとみるみる頭が冴えてこれからやるべきことが見えてきた。家でうだうだやっていたのは何だったんだと思うほど。これからカフェに行くときは散歩がてら公園に寄ろうと思う。そういえば会社を辞めて独立した当初も深夜にしょっちゅう考えごとをしながら散歩していたことを思い出した。

2019/10/7

公式サイトから電話番号を削除。まずはLINEIDのみで営業してみる。キャストさんが揃ってLINEからの問い合わせが増えたタイミングで電話番号を乗せて桑田さんにお願いする予定。

2019/10/8

ツイッターズでキャストさん用に電話認証済のアカウントを10個(2500円)購入。⇒2週間後にすべて凍結され無駄に終わる。

2019/10/14

風営法の確認書を受け取りに警察署へ。

2019/10/18

JKMAXが成功した理由を考えてみた。それは「JKリフレ嬢あるある」という万単位のフォロワー数をかかえたTwitterアカウント、そして「合法JKナビ」という100万PVの大型サイトを持っていたからだろう。コンテンツではなく強力な集客経路が成功につながった。コンテンツisキング以上にチャネルisキング。

2019/10/20

ついに初めてのお客様からのお問い合わせが入る。「今からって誰か空いてませんか?」しかしキャストさんがいないのでお断りの回答をする。この調子で予約を増やしていきたい。

2019/10/22

朝8時に「リフレ未経験なのですが年齢制限ってありますか?」と初めてのキャストさんの応募LINEが入る。

年齢は25歳とやや高かったがルックスは問題ないレベル。翌日秋葉原で面接が決定。面接&電話受付はJKMAXが対応してくれるという話だったが、一度自分でも面接を経験しておいた方が良いだろうと考え自分で対応することに。どうなるか今から楽しみ。できればすぐに体入できるよう備えていく!

次記事

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた②(面接・キャスト集め・アンダー疑惑)

まとめ

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた①(立ち上げ・風営法届出) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた②(面接・キャスト集め・アンダー疑惑) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた③(鳴らない電話) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた④(初めての繁忙期?) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑤(新型コロナウイルス襲来) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑥(東京都からの外出自粛要請) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑦(緊急事態宣言・臨時休業へ) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑧(新戦力・自粛明けでお客様増↗) 秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑨(コロナ再び・幻の繁忙期)

⚠️随時公開予定(秋葉原で一番のリフレ店になるまで続けます)