▶24時間キャスト募集中♡

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた①(立ち上げ・風営法届出)

秋葉原JKリフレ店の立ち上げ記録《JKJKJK運営日記》📝

2019/7/1

今日からリフレ運営の日記を書いていく。

「いっしょにリフレ店を運営しないか?」と池袋の有名リフレ店JKMAX店長の桑田さんから飲みの席で6月上旬に誘われる。

桑田さんとはもう10年くらいの付き合いでTwitter経由で仲良くなった。数年前にリフレ店をはじめたことは知っていたがその後の詳細はあまり知らずにいた。

俺のスペックは

・夜の世界で働いた経験ゼロ

・リアルビジネスの経験ゼロ

・リフレは何度か遊んだ程度

・本業はアプリ開発や広告代理店などネット関連事業

・本業が軌道にのりそこそこ時間に余裕がある状態

そんな状態からの予想だにしない突然の誘い。できるかどうかの前に「めっちゃおもしろそう・・・!」と心がときめいたw この感覚はサラリーマンをやめたとき以来。数年前に本業が落ちついてから「なにか新しいことをはじめたいが、他になにもやりたいことが見つからない」という状態だった。そんなときにタイミングよくリフレを誘ってくれたのが桑田さん。

週末はおなじく店舗経営をさそわれているWさんと飲みの予定。すでにプレオープン済みらしいので話を聞けるのが楽しみ。今日から本業とリフレ経営どちらも全力でがんばっていく。

2019/7/15

さっそく店名を占ってもらってきた。

もともと占いは大好きで毎年運勢を占ってもらっている。特定の占い師はきめず駅前でぐうぜんみつけた占いのお店に入るようにしている。この日は新宿の千里眼でみてもらった。

店名の候補は「JKカラー」「JKメール」「JKマート」「JKギャング」「レジェンドJK」「JKホールディングス」。10個くらいかんがえてもっていった結果、「JKJKJK」「JK興業」「JKクリエイティブエージェンシー」の3つがいいといわれた。2人に占ってもらい占いかたがおなじなのか結果はおなじだった。

そのなかでも「JKJKJK」が15画でもっともよく「福寿円満上位の引立あり 繁栄有徳の象」と書かれていた。「JK興業」もわるくはないが33画は一時的な流行におさまってしまう可能性が高いそう。画数は偶数はあまりよくなく奇数がいいとのこと。

オープン日は9/8(天赦日)がもっともよく、9/14(大安)、9/23(新規開店に良い)、9/15(一粒万倍日)あたりがいいらしい。

その他、四柱推命でみた結果、俺の運気はひじょうにつよく内面はナイーブだが外面がとてもつよいといわれた。

2019/7/30

「JKMAXの歴史」をよむ。桑田さんが2017年1月からJKMAXをいかにつくっていったかがよくわかる。当初はひどい女の子ばかり集まったり出勤嬢が0で店休になったりと苦労したらしい。しかし2月からすでに軌道にのりはじめていたのはさすが。自分がその女の子とお金をはらって遊びたいかが採用する基準になりそう。桑田さんのように開業1年後にふりかえり記事をかけるよう結果をだしたい!

2019/8/4

アプリ開発の仕事がおちついたため今日から本格的にリフレ始動!!8月中にやるべきことをすべておえて9月の頭にオープンをめざす。弁護士について調べてみる

2019/8/17

wordpressの風俗店専用のテンプレートが売っているのを発見。■■のサイトを調べてみると15万円のテンプレートを使っていた。ただアメブロやTwitter運用の店舗が多いことを考えると、あまり綺麗すぎるサイトだと素人感がうすれて風俗っぽさが出てしまうのかもしれない。ブロガーの友人に依頼してできるかぎりシンプルなサイトを作ってもらうことにした。

2019/8/23

桑田さんに公式サイトを連携。打ち合わせが29日に決定。

2019/8/24

警察署に自分で風営法(無店舗型性風俗特殊営業)をだすことが決まった。桑田さんについでにだしてもらい、自分はサイトやTwitterをいじる程度でかるく店舗経営に携わるつもりでいたが、風営法をだすってそれもうオーナーでは・・・???最初に返事をしたときここまでやるつもりでいたわけではなかったので少し躊躇する。しかしもう乗りかけた舟、そして最初に感じたワクワク感は本物だったという点から決意をきめる。直観もこっちで間違いないといっている。リフレ経営をはじめたことでどんどん生活が変わっていくように感じる。不安や心配もありリアリティをいまいち感じきれない部分もあるがやるしかない。思いきって新しい世界に飛びこむ覚悟をもつ。

2019/8/25

仕事でつかう予約受付用のスマホをDoCoMoショップで購入。

端末代4.3万円に月額3,500円。韓国のギャラクシーA30。最初LINEモバイルなどの格安スマホをつかおうとおもったが桑田さんが以前格安スマホをつかったところ電波がきれたり不具合がおおかったと聞いてキャリアで契約。スマホはリフレ経営の生命線ともいえるアイテムなのでケチらないほうがいいだろう。2年契約なので2年後おなじスマホで軌道にのったリフレ経営をしている予定。⇒数か月後にきづくが仕事用のスマホは絶対に使い慣れたOSを選んだほうがいい。プライベートでiPhoneを使いつづけてきたのにここでAndroidを選んだことは失敗だった。

2019/8/26

桑田さんの事務所で打ち合わせ。

電話対応しながらの打ち合わせで、電話&LINE予約受付・公式サイト更新・Twitter更新・女の子への指示などを同時並行でこなしていた。これは片手間でこなすのはむりだと実感。 名古屋のJKJUMPや風営法のはなしなどができた。

いろいろサポートしてくれるらしくあとはいつやるかだけ。スピード勝負。全力でいく。とりあえずはいちはやく風営法を提出する。

2019/8/27

風営法についてしらべていると「デリヘルの9割は失敗する」という記事をよんでやる気がでてきた。上位1割にはいる自信はこれまでの人生経験の中でもそれなりにある。

2019/8/28

店舗経営には風営法に記載する事務所が必須。その建物オーナーからの使用承諾書が必要らしい。独立当初に開業届を書いたり確定申告をしたりしていた時期を思いだす。目の前に現れるハードルがちょうどなんとかとべる高さのものばかり。桑田さんからの手引きも含めて運命に導かれている感じをうける。

2019/8/29

風営法の書類が徐々にそろう。行政書士のサイトに書きかた例が多く紹介されていてなんとか。

2019/8/30

秋葉原最寄りの万世橋警察署へTEL。警察署にTELするのははじめてなので緊張。「風営法についてお聞きしたいことがあって…」と言うと4人くらいたらいまわしにされてようやく担当者に。しかし秋葉原リフレで対応に慣れているかとおもいきや「リフレというのはどういったサービスですか?」「それだと風営法の提出が必要ですね」など、こっちは風営法を提出する前提でさらにその先の質問があるのになかなか話がすすまず…。3人目の担当者にもどって事務所のある地域の警察署に出すよういわれる。営業する場所(秋葉原)は関係ないらしい。

2019/9/9

ついに風営法の資料が全部そろう。■■県警に予約の電話をいれると■■警察署にかけるよう言われる。「事務所の見取図」が手書きのかなり適当なものになっているためやや心配。一発で無事通ることを祈る。

2019/9/10

■■警察署に風営法を提出。署内に人があまりおらずかなり目立った。昨日電話した者で風営法を持ってきたことをつたえると「あぁ、デリヘルのね」といわれる。最初出てきたのはおじいちゃんだったが、書類などの確認をしてくれたのは20代後半ほどの真面目そうな署員。厳しく質問されたり書類の書き直しを指示されるものとおもっていたがすんなりOKの返事で拍子抜け。

しかし「事務所の立ちいり検査が必須です」といわれ、後日事務所にくるという話に。桑田さんに話をきくと立ち入り検査はなかった様子。これさえクリアすればいよいよ営業へ一歩近づく。

2019/9/18

事務所の立ちあい検査が完了。2人の署員がきて「すぐに終わりますので」が第一声で20分で終わった。

事務所として記載した部屋を見て机の位置が微妙に違ったのでその場で簡単に書きなおし。店名のJKという文字をかえられないかといわれるも、18歳未満は絶対に雇わないことを訴えてOKをもらえた。ただ「今後年に1回立ち入り検査が必須であること」をいわれた。桑田さんから「絶対にいい店になる」 「今は参入チャンス」といわれたので全力でリフレ経営に力をいれていく。懸念事項はすべてきえた。これでやらなかったら単なるサボり。

2019/9/25

ランサーズでバナー発注や萌えナビに登録など徐々にすすめている。リフレ経営にかんしてやったことをすべてサイト内の新規記事で公開していく予定。リアルタイム性があってきっと需要があるはず 。また萌えナビは■■な運営をしていることが分かった。

2019/9/26

桑田さん事務所で2回目の打ちあわせ。

あいかわらず電話対応の合間だったので深い話はできなかったが、学びがおおい時間になった。 JKJKJKとしてやるべきことがまた見えてきたので言われたことは全部実践していく。

2019/9/27

リフレ経営をきめてから初めての秋葉原訪問。駅からホテルクエストまでの写真を撮ったりホテルスタッフに休日の混みぐあいを確認したり。

2019/10/1

深夜の0時すぎに桑田さん事務所を訪問。お店の営業もおわり落ちついて話すことが出来た。

JKMAXサイトの管理画面をさわらせてもらったが思った以上にSEO/MEOを意識していないことが分かった。それでもここまで営業できているということは売りあげをたてるのにそういった知識はあまり必要ないということになる。話すなかでこれまでいかに公式サイトを見やすく綺麗にするかばかりを意識していたが一番の目的はリフレ店として売り上げをあげることで公式サイトはその目的を達成するためのツールにすぎないということにハッと気づかされた。そこまでの完成度は必要ないということ。2時間ほど打ち合わせしてタクシーで帰宅。

2019/10/5

依頼していたお店のバナー画像が完成。迷ったすえに+1万円支払って2枚選択。どちらも最高に可愛らしい。

2019/10/6

考えが煮詰まり気分がのらないので一人で代々木公園を散歩。するとみるみる頭が冴えてこれからやるべきことが見えてきた。家でうだうだやっていたのは何だったんだとおもうほど。これからカフェに行くときは散歩がてら公園に寄ろうとおもう。そういえば会社をやめて独立した当初も深夜にしょっちゅう考えごとをしながら散歩していたことを思いだした。

2019/10/7

公式サイトから電話番号を削除。まずはLINEIDのみで営業してみる。電話受付はJKMAXのほうで対応してもらえるのでキャストさんが揃って問いあわせが増えたタイミングで電話番号をのせて桑田さんにお願いする予定。

2019/10/8

ツイッターズでキャストさん用に電話認証済のアカウントを10個(2500円)購入。⇒2週間後にすべて凍結され無駄におわる。

2019/10/14

風営法の確認書を受けとりに警察署へ。

2019/10/18

JKMAXが成功した理由を考えてみた。それは「JKリフレ嬢あるある」という万単位のフォロワー数をかかえたTwitterアカウント、そして「合法JKナビ」という100万PVの大型サイトをもっていたからだろう。コンテンツではなく強力な集客経路が成功につながった。コンテンツisキング以上にチャネルisキング。

2019/10/20

ついにはじめてのお客様からお問い合わせが入る!「今からって誰か空いてませんか?」しかしキャストさんがいないのでお断りの回答をする。あとはキャストを揃えるだけ!JKJKJKを秋葉原で一番のお店にする!

2019/10/22

朝8時に「リフレ未経験なのですが年齢制限ってありますか?」と初めてのキャストの応募LINEがはいる。ついにきた!!

年齢は25歳とやや高かったがルックスは問題ないレベル。翌日秋葉原で面接が決定。面接&電話受付はJKMAXが対応してくれるという話だったが、一度自分でも面接を経験しておいたほうがいいだろうと考え自分で対応することに。どうなるか今から楽しみ。できればすぐに体入できるよう備えていく!

次記事

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた②(面接・キャスト集め・アンダー疑惑)

まとめ

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた①(立ち上げ・風営法届出)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた②(面接・キャスト集め・アンダー疑惑)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた③(鳴らない電話)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた④(初めての繁忙期?)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑤(新型コロナウイルス襲来)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑥(東京都からの外出自粛要請)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑦(緊急事態宣言・臨時休業へ)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑧(新戦力・自粛明けでお客様増↗)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑨(コロナ再び・幻の繁忙期)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑩(経営日記公開)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑪(台風接近・リピートが大事!)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑫(我慢の3連休・缶ビール3本)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑬(ぎっくり腰・レズ風俗)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑭(緊急事態宣言part2)

秋葉原でJKリフレ店を作ってみた⑮

⚠️この日記を気に入ってくれた方は “はてブ” やTwitterで拡散という形と共に応援してもらえると嬉しいです。

⚠️お店へのご意見・ご要望・応援メッセージ等あれば以下のコメントからぜひご入力ください。公式サイト内でいつかご紹介させていただきます。