JKJKJKで働いてみたい女の子はこちら

「華月利野」はどのように活躍しどのように飛んでいったか

成績

・在籍期間:2年5ヶ月

・ランキング1位獲得回数:8回

・Twitterフォロワー数:1128人

接客・特徴

・ルックス:川栄李奈似

・接客スタイル:恋人接客(「接客時間は恋人だと思って接している」)

・自撮り:2,3ヶ月に1枚

・Twitter:個別お礼メッセージあり。プライベートツイートほぼなし

・DM:予約受付のみ

・当欠:やや多め

面接

「こんなに天使みたいな子がいるのか!?」が第一印象。

地雷嬢・転々虫など業界に染まりまくった子ばかりと面接する中、初対面から明るく人懐っこく喋りかけてくる彼女はまさに天使のようでした。

JKMAX桑田さんが活躍する子は面接の時点で分かると話していましたが、これがそうかと華月さんのとき初めて感じました。面接した時点で華月さんの活躍する姿が明確にイメージできました。

初期

当時まだまだリピートを取れるキャストが少なかった中、出勤初日から1人目に入ったお客様が「今日まだ空きがあればもう一度予約したい」と再予約を入れようとしてくるほどの好スタート。

その後もお客様からは絶賛の嵐で、接客終了直後に「次回の予約を入れたい」というお客様も少なくありませんでした。

「接客時間はお客様のことを恋人だと思って接している」という言葉の通り、お客様意識・接客スキル共に高く、業界未経験とは思えないほどの衝撃デビューを飾りました。

中期

コロナ禍の緊急事態宣言と在籍期間が被りながらも、安定してリピート予約が入るようになり、数ヶ月後にはJKJKJKの看板といえる存在に。

華月さんに敵うキャストはおらず、ランキングも安定して1位をキープ。

ただ「自撮りをあまりしたくない」「お礼メッセージはするがそれ以外はあまりTwitterを稼働させない」というタイプで、この点をもっと頑張ってくれたらさらに伸びるのにというもったいない思いがありました。

後期

入店1年半を過ぎた頃から徐々にリピートが入りづらくなり、これまで10回・20回と通い続けてくれていたリピーターの方も一人また一人と途絶え、新規予約が中心となっていきました。

そして、新人が増えた時期に合わせ新設された「新人コース」の予約が急増したことにより、フリー予約が激減。華月さんへお客様を回しづらくなってきた頃、飛んでいくという結末を迎えました。

総括

華月さんの活躍を通して見えてきたことをまとめます。

  • 素が強い(接客適性のある)子はスタートダッシュが凄まじい
  • 面接の場でも明るく面接官が好印象を抱く子は間違いなく活躍する(面接も接客も短時間勝負・短時間で好印象を抱かせられるタイプはリピートがつく)
  • お店への貢献意欲の高い子は非常に貴重なので絶対に離してはいけない(「私に協力できることがあれば何でも言ってください」)
  • 「予約時間は120分まで」「リピート希望のお客様に対してNG指定が多い」などがあると数字として伸びづらい
  • 新規リピートが取れていても、リピーターの方に継続して通ってもらうための努力や工夫、アフターフォローが不足しているとリピーターの数はあるタイミングから減少していく
  • 新規のお客様頼りの状態になると新人の増加や新規コース/イベントの新設で急に苦しくなるタイミングがやってくる
  • 本人のモチベーションが低い状態でキャスト個人に投資してもほとんど効果を発揮しない(戦隊ヒーローが好きだったため戦隊もののアイテムを購入し写真撮影をするなどした)
  • お店の言うことを聞かなくなってきたら飛ぶのも間近(メイド服希望のリピート様に遅刻しそうという理由で自分からDMしてメイド服をなしにしてもらうなどがあった)

以上、華月さんを一言でまとめると…