24時間キャスト募集中( ∩'-'⊂ )

待機中ヒマなときの記事

店長が読んで「いいな♪」と思った記事です。

“マジメタイプ”と言われても気にしない。鈴木愛理が努力を続けられる「3年の法則」

「自分の今の環境は、3年前の自分が作っている」っていう考え方なんです。

今の自分が楽しいと思えてるなら、3年前の自分が努力したおかげ。もし今が苦しいなら、3年前の自分の頑張りが足りていなかったということ。だから今ネガティブなことが起きても、それは3年前の結果だから、今悩んでもしょうがないんです。

常に「3年後の自分のために頑張ろう!」と思えば、毎日ポジティブに頑張れるんです。

成功の理由は大半が運、だけど売れるために最低限必要な要素はある【カズレーザー】

人が成功する理由って大半が偶然だと思うんです。偶然のレベルや運を高める方法がないのであれば、夢中になって楽しんでいたほうが得だと思います。

僕は「別に自分がいなくても世の中は成立する」と思っています。

そう思えば、「こうしなきゃ、いけない」ということがなくなる気がします。人生に価値があるとか、生きていることが素晴らしいとか、そんなことないと思うんです。人に迷惑をかけないかぎりは、何事も気にしなくていいと思います。

たまに失敗したなと思うときもあります。そんなときは家に帰って、お酒を飲んで、布団に入って、眠りにつくまで悩みます。

でも、それまでに解決しなければ、もうその事柄では一生悩まない。そう決めています。寝るまでに解決策が見つからなければ、一生解決しない。

毎日1人で作業。同じミスは二度としない。ヒカキンが「トップでいるための覚悟」

日々、ベストを尽くしていると、誰かが見ていて、あるときすごいチャンスを与えてくれる。

それをつかんで、ここまで来ました。これからも同じで、自分ができることを全力でやり続けることが、次の展開につながると思っています。だから目標は、勢いを下げないで継続する。それだけです。

やりたいことがなくて、立ち止まってしまう20代の人向けの記事

20代:バラエティ。いろいろやってみるのがいい。

30代:スペシャリティ。専門性で戦う。

40代:オリジナリティ。あの人っぽいよね、と言われるようにする

50代:パーソナリティ。あの人と仕事したい!と思われるようにする

「25歳で結婚してなかったら、僕は何者にもなってなかった」箕輪厚介と考える“20代の結婚”

僕が炎上しようが、仕事で面倒くさいことに巻き込まれていようが、家に帰ると家族はそんなことまったく知らずに、みんなでそうめんを食べてたりするんです。そういう瞬間にふと、「別に、いつこの危ういレースを降りてもいいや」って安心できるんですよ。ここだけは何があっても変わらず現実だなって。

現実を持っているからこそ、たとえ非現実的なレースに参加してもどこかで地に足がついてる感覚を持てるというか。“戦い続けなくていい場所”がないと疲れるし、走り続けられないと思うんです。

「本気で愛されたことのある女性」を、騙すことはできない

大切な人に、見返りを求めずただひたすら誠実であるということは、その人の未来にまで愛を贈るということだ。

それができる人は、愛した人に何度も傷つけられて、愛した人を何度も傷つけて、それでも恋を信じて飛び込んで、学んできたからなのだと思う。

楽な儲け話なんてない。楽に稼いでいるように見えるのは、それまでの積み重ねがあるから

「今から必死に努力すれば、先人たちにもきっと勝てる」

なぜか?

勝ってる人はあんまり働かなくなるからだ。

自動でお金が回る仕組みを作った人のほとんどは、目標を達成して気が抜けるのか、全然働かなくなる。

逆転のチャンスはここにしかないと、僕は思う。

先人たちの気が抜けているところに、圧倒的な時間を投入して攻める。

サボらない。考える。根性出す。続ける。

「惜しみなく人に与えて成功する人」と「単に搾取されてしまう人」の紙一重の差とは。

最も成功していた人々は「ギバー」、つまり「人に与える」人々でした。

では、逆に最も成功から遠いのは、どの人々だったでしょう?

実は最も成功から遠いのは、どの職業をとっても、これも「ギバー」、つまり「人に与える」人々でした。

結局、ギバーは、「バカなお人好し」と「最高の勝利者」の両方に存在する、これは面白い事実です。

「成功するギバー」は、「上司」「取引先」が搾取する人々、すなわち「テイカー」であるかどうかを常に監視し、もし彼らがテイカーであることがわかったら、すぐに彼らとの縁を切り、新しい関係を求めます。

「自分で決めて、自分でやって、自分で引き受けろ」DMM亀山会長が説く会社選びのコツと仕事論

「人生はめんどくさいとの戦いだ」って言ったけど、戦い方は「自分の弱さに合わせて無理なく続ける」こと。

自分の弱さを理解して、やれる範囲で始めたらいい。ちょっとずつでもペダルを踏んでたら、ちょっとずつ成長するよ。

人生は大量に試して、うまくいったものを残すしかない

キャリアは偶発的に生成される以上、中長期的なゴールを設定して頑張るのはむしろ危険であり、努力はむしろ「いい偶然」を招き寄せるための計画と習慣にこそ向けられるべきだ。

新しい形質の獲得は基本的に「偶然」だということです。偶然の変化が起きる回数が多ければ多いほど、進化の契機もまた増加するということになります。

3Mなどのトラディショナルな企業ですら、すでにこのような「とにかく試してみる」というアプローチの強力さを証明しているわけですが、このアプローチは今後ますます強力かつ迅速になる可能性があります。理由は実にシンプルで「試すコスト」がどんどん下がっているからです。

101の決心

「実力60の自分が、実力100の相手に勝てるわけない」

と、あきらめるのは、早い。

実力100の人の、手抜きの70に、人は感動しない。

一方、実力60の人が、自己ベスト60を出しきって、さらにその先へ、殻を破り、全身全霊で、限界突破、61に迫るとき、表現が咲く。

見る人は、心を揺さぶられ、魂を解き放たれるように、感動する。人は、「うまい」ものを見たいんじゃない、それよりは、「勇気」のようなもの。人間が勇気を持って、潜在力まで目覚めさせる勢いで、咲くところを見たいんだと思う。

宮台真司激白!「劣化した親」が麻布的な男子校の良さを奪っていく

ほかのやつが付いてこられないことをやる。

たとえば、アニメについても、音楽についても、ほかの人間が絶対に付いてこられない知識、あるいは体験を蓄積する。合理性の外側に出るという意味での過剰さをどれだけ引き受けるかということを通じた地位達成なんです。

僕が麻布的な経験をひとに話すときにいちばん言いたいのは、やっぱり合理性の内側にいれば、人間はつまらないヘタレになるっていうことですよね。

ノイズ耐性も減るし、計算不可能なものを怖がるようになるし。それと枠の中でしか行動できないから、たとえば旅行もつまらない旅行。留学などもつまらない留学。恋愛もつまらない恋愛しかできないようになるんですよね。旅行も留学も、恋愛も、これは羽目を外すチャンスなんですね。枠の外に出て過剰なゲームに身を投じるチャンス。

DeNA南場智子さんの講演「ことに向かう力」がいい話だった

チームの底力は多様であればあるほど強い。

これは私が長年、会社をやって感じたことですね。本当に単一のまったく似たようなメンバーの組織はまとめやすいんだけれども、変化に弱いし、改革に弱い。それから全体の能力も一人ひとりの力が最大化される。

誰についていくとか、誰に評価されるとか、あるいは自分ができる、できない、もう少し成長していかないといけないのではないか。そういうことに意識を向けるんではなくて、純粋なチームの目標や自分の目標に向かって、それに本当に集中してみると、すごく充実した人生が送れるんじゃないかと思います。

私が今日、みなさんに言うとしたら、とにかく「コトに向かってくれ」ということじゃないかと思います。

人とか、それから自分に向いすぎずに、仕事に向かう。コトに向かう。コトを成すことに精一杯取り組む。そうするといろいろなものがついてくるのかな、と感じたりします。

いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。

自由を謳歌するための条件は、マーケティング能力、すなわち

・市場に自らの能力やプロダクトを晒す

・市場とマッチしていない場合は、学習・修正を行う

の2点を獲得する必要がある。

その上で「自由の使い方」を教養として身につければ、まあ、一生困らないのではないだろうか、と思う。

GAFAのなかで、Appleだけが「意味」の世界で闘っている

機能は変わらないんですよ。安全性も変わらない。でも値段は3倍~4倍します。

じゃあ何にそのお金払ってるんですかっていうと、意味を買ってるんですね。その人にとってのなんらかの情緒的な意味を買ってるわけです。意味に500万とか600万とか乗っけて買ってるわけです。

役に立つものは1個でいいけど意味があるものは多様化する

時代の大きな変わり目が来てます

次の時代に生きていけるのは、
・研究レベルの探究心を注ぎ込める専門性(博士号が最低限)を持てる人か、
・時代の波を見極めて、新しい価値を人に先駆けて認知していける人
のどっちかだと思ってる。

大事なのは「いま起こりつつある変化」のマグニチュード(大きさ・規模)とそのインパクトを読み間違えないこと。
あと 10年もたてばはっきりしてくる(=誰にでもわかるようになってくる)と思うけど、いま起こりつつある変化は、多くの人が想像してるより遙かに大きな変化だと思います。